目の健康について

アスタキサンチンとはどんな成分?効能効果は?


アスタキサンチンは美容や健康に良い成分として知られていますが、目に良い効果があることも分かっています。アスタキサンチンは赤い色素成分でカロテノイドの一種であり、鮭やカニの殻、いくらなどに多く含まれています。カロテノイドのほとんどは野菜や果物から抽出されるのですが、これは海産物から抽出される珍しい成分となっています。


カロテノイドの一種であるアスタキサンチンは人間にとって必要なものなのですが、体内で生成することができないので食べ物などから摂取する必要があります。カロテノイドの中でも最も強い抗酸化作用を持っている成分であり、アンチエイジング効果を期待するなら積極的に摂取すると良いでしょう。


生物は呼吸をしてい生きているのですが、呼吸によって取り込まれた空気は8割が窒素、2割が酸素でできています。呼吸によって体内に取り込まれた酸素のうち0.1?0.2%が活性酸素になるのですが、この活性酸素が老化を引き起こすと言われています。また、老化やガンなどの病気は活性酸素によって引き起こされることが分かっており、美容や健康を維持するためには活性酸素の除去が必要なのです。


抗酸化作用を持つ成分を摂取することで活性酸素を除去することができるのですが、アスタキサンチンは高い抗酸化作用を持っている成分なのでおすすめです。アスタキサンチンは目の働きをサポートする効果があると言われています。


目は生命活動において重要な場所であり、目届けられる物質は網膜に必要な栄養素のみとなっています。一般的な抗酸化物質は網膜に到達できないのですが、アスタキサンチンは網膜まで届く数少ない物質です。目は紫外線によるダメージを受けやすい場所であり、それによってさまざまなトラブルが起きてしまうこともあります。


アスタキサンチンを摂取することで目を守ることができるため、普段からパソコンをよく使う人などはアスタキサンチンを試してみると良いでしょう。




>>目に良いサプリおすすめランキングはこちら