目の健康について

疲れ目は温めたほうがよい?冷やしたほうがよい?


パソコンやスマートフォンを長く使用することにより、疲れ目に悩む人が多くなっています。現代社会ではパソコンやスマートフォンを使わずに生活することは難しいため、疲れ目の予防や解消方法を知っておくと良いでしょう。


パソコンを使う時には液晶ディスプレイの高さがポイントであり、座った時にできるだけ目線が下になる位置に液晶ディスプレイを設置すると良いでしょう。少し下向きに見る方が目の渇きを和らげることができますし、疲れ目の予防に繋がるとされています。


また、明るすぎる場所で画面を見ていると目が疲れやすいため、パソコン画面の明るさを調節することもポイントです。液晶ディスプレイを長く見続けると目の周りの筋肉が疲れやすいため、1時間に10分程度は目を休ませるように心がけましょう。


目が疲れたと感じた場合、マッサージによって疲れを軽減することができます。目の周りを指で軽く押してマッサージすると良いのですが、その時に皮膚を強く擦らないようにすることがポイントです。あまり力を入れなくても効果は期待できますし、目の疲れや肩こり、頭痛などの改善効果が期待できるでしょう。


また、蒸しタオルを目の上に置いて温めるという方法も良く、それによって目の周りの血流を改善することができます。血行が良くなると筋肉がほぐれて疲れが軽減されやすくなりますし、目の渇きにも効果があります。さらに、温めた後に冷やすことで血行をかなり改善することができます。


しかし、目が充血している場合は冷たいタオルなどで冷やした方が良いでしょう。目の疲れを改善するためには効果的な栄養素をしっかり摂取することも大切です。


ブルーベリーには疲れ目に良い成分がたくさん含まれているのですが、他にもビタミンCに含まれる抗酸化物質やビタミンB群なども疲れ目を改善する効果があると言われています。目の疲れを感じる時には、ビタミンCを多く含むレモンやビタミンBを多く含む豚肉などを食べるのがおすすめです。




>>目に良いサプリおすすめランキングはこちら