目の健康について

目元のたるみ・むくみを解消するには?


目元にたるみができて影ができたり、目の周りがむくむとクマが目立つようになります。目の周りの皮膚はとても薄く刺激に対して弱くデリケートです。乾燥しがちでこういった肌トラブルが起こりやすいのです。


クマを解消するには目の周りのケアをしてやりましょう。マッサージをしたり蒸しタオルで温めて血行促進しましょう。コラーゲンやヒアルロン酸などが含まれた化粧品を使ってハリをもたせてたるみを防ぎましょう。筋肉強化してやりましょう。


マスカラなど目元のメイクは極力お肌にやさしいものを選ぶようにし、あまりこすらないようにしてやさしく落としてやりましょう。洗顔後はセラミド配合の美容液や美容クリームでしっかり保湿してやることが大事です。


食生活も影響してきます。激しい食事制限を繰り返していると必要な栄養が行き届きませんし、急激に体重が減るので目の周りの皮膚が痩せてしまい、目が落ち窪んで影ができクマになるのです。食事はバランスよく採ることが大切です。ダイエットをしようと思うと肉類を減らしがちですが、肉に含まれるコラーゲンこそがハリやツヤに効果を発するのです。


セルフケアには即効性はありません。軽いものならそれでも徐々に治っていきますが、ある程度深いものになると改善が難しい場合もあります。そういったときにはクリニックで治療を受けるという解決方法もあります。


突出している眼窩脂肪を切開によって取り出してふくらみをなくしてやったり、逆にくぼむことで影が出来ているのであれば脂肪注入・ヒアルロン酸注入などによってふくらみをだしてやることになります。切開の方が大掛かりではありますがその分持続性もあります。


黒クマや赤くま・茶くまなどその形によって最適な治療方法というのは異なります。まずは原因を探り、生活習慣の改善を行なうとともに、クリニックでの治療なども考えるようにしましょう。解消したあともケアは続けていかないと薄く弱い部分だけにまた似たようなトラブルがおこりがちです。




>>目に良いサプリおすすめランキングはこちら