目の健康について

眼精疲労の原因と対策方法


眼精疲労は目を長時間使う事により起こります。パソコンや携帯電話の液晶画面を見ると特に眼精疲労を起こすことで知られていますが読書や勉強でもそれは起こります。そして目の疲れだけではなく、疲労感は全身に影響を及ばせます。肩こりや吐き気も起こることがあり、軽く見られますが眼精疲労は決して見逃しても良い症状ではありません。


眼精疲労の主な症状は目の疲れや充血、かすむといった比較的分かりやすい形で現れます。ドライアイにもなりやすくますます目の不快感は増大します。作業していたこともこれらの症状が見られると、捗らなくなってしまいます。ですから少しでもこの症状を自覚しだしたら適度に休憩をとりましょう。


眼精疲労は日ごろから仕事でパソコンをよく使う人では職業病だと言っても良いほどですが、ある程度休憩をはさむことにより症状は軽くなります。疲れてきたら目を休ませることを意識しましょう。休憩以外にも有効な対策方法はいくつもあります。


その中の一つが、遠くを見ることです。これは僅かな時間でも効果があります。遠くを見ることによって凝り固まっている目の筋肉をほぐせるため疲れがとれます。昔から言われてきたやり方ですが、確かに効果が出やすいのです。他には、姿勢に注意することです。無理な姿勢は目を疲れさせますので作業する時には無理のかからない姿勢で行いましょう。


そして眼精疲労の効果的な回復方法は、一日の終わりに目に蒸しタオルを乗せることです。これは目の周りの血流を改善するため疲れが癒えます。他にもツボを刺激する方法も考えられます。手軽に出来、習慣化しやすいですがやりすぎると目の周りの皮膚は薄いためトラブルが起こりがちですので十分に気をつけましょう。


目は最も酷使しやすい場所の一つですが、疲れを感じたらこのような方法を試すことにより回復力も格段にアップします。無用な目の病気を引き起こさないためにも日ごろからケアを徹底しましょう。




>>目に良いサプリおすすめランキングはこちら