目の健康について

近視とスマホ老眼は間違えやすい?違いは?


スマホ老眼はスマートフォンの使い過ぎによって起こる症状です。加齢による老眼と同じように近くの細かい字が見えにくくなり、少し離して見ないと字を読むことができません。スマホ老眼の症状には目がかすむ、近くのものを見ようとしても見にくく感じる、頭痛、肩こり、吐き気、目の痛みなどがあります。眼精疲労を起こしている状態のため、涙が止まらなくなることもあります。


このような症状が出るのはスマートフォンから出るブルーライトの影響を受けていることが大きいですが、長時間スマートフォンを利用することにより、目の調節機能がうまく働かないことも原因の一つです。


スマホ老眼は20代や30代の若い世代もなるため、近視と間違えやすいですがこの2つには大きな違いがあります。


まず近視はスマートフォンを使用していなくてもなることがあり、遠くのものが見えにくくなる症状があります。物を見るとき目の近くに持ってくると良く見えますが、近視が進んでしまうと近くの物も見えにくくなります。近視の場合、ピントの調節機能がずれてしまっているので、ピントを合わせることができにくいためです。そのため、コンタクトレンズなどでピントの調節を行うと物をはっきりと見ることができます。


スマホ老眼の場合は、目の疲労によりピントの調節機能自体が老化現象を引き起こしています。そのため近くの物も遠くの物もかすんで見え、物を見るのに困難になります。特に細かい字を読む場合はピントを合わせることができません。


スマートフォンは操作がしやすく、物を見るとき目を動かすのではなくスマートフォンを動かして見ることが多いです。そのため目はピントを合わせることをしなくなるため衰えてしまうのです。このような事を防ぐには目のトレーニングを行ったり、長時間使用する場合は1時間に1回は休憩をする、目の周りを温める、といったことが必要となってきます。目のトレーニングは近視にも良いので意識して行うと良いです。


スマホ老眼は眼科へ行ったほうがよい?


スマホ老眼は若い年代の方がなることが多く、老眼のような症状が出ます。大きな特徴としては夕方になると近くの文字がぼやけて見える、目の焦点が合いにくい、目がかすむ、無意識のうちに本を読むとき離してみてしまう、肩こりや頭痛、といった症状が現れます。スマートフォンを使い過ぎていることによって起こり、現代病の一つとして考えられています。


人の目は水晶体と呼ばれるレンズの厚さをかえて、物を見ています。レンズの厚さをかえるには毛様体筋と呼ばれる筋肉が伸びたり縮んだりすることが大切ですが、スマホ老眼になってしまった場合、水晶体の弾力性がなくなり、毛様体筋も衰えてしまうので、水晶体がうまく膨らまずピントが合わせにくくなってしまうのです。水晶体は一度固くなってしまうとなかなか改善しないことが多く、このような状態は目にとっても大変な負担になっているので、早めに対処する必要があります。


スマホ老眼かも、と感じた時、眼科へいくか悩みますが、眼科では検査の他目を疲れさせない方法を指導することが多いです。スマホ老眼を改善するには目を疲れさせないことがとても大切だからです。そのため急いで眼科に行く必要はなく、まず目の使い方を考え直すようにします。


一番はスマートフォンの使用をやめるか、使用時間を短くするのが良いですが、なかなかできない場合は使用の仕方を変えるようにします。


スマートフォンは小さいため字を一生懸命見ようとします。また、寝ながら動かすことも多いため目との距離が短くなることが多いです。あまり近くのものを見続けると目は疲れてしまうので、ある程度離して操作するようにしましょう。部屋やスマートフォンの明るさを調節するとさらに目の疲れが減少します。


この他1時間に10分程度は使用をやめ、目を休ませるようにします。目の周りを温めたりマッサージを行ったりすることも大切です。食事に関しても目の疲れをとるビタミンAやビタミンB、ほうれん草に含まれるルテインなどを摂取すると良いでしょう。




>>目に良いサプリおすすめランキングはこちら