目の健康について

若くても老眼に?スマホ老眼とは?


老眼というと、中高年層に起こる症状というイメージが強いものですが、昨今は20代・30代にも老眼と同じ症状を訴える方が急増しています。その背景にあるのがスマホの普及です。スマホはとても便利なものですので、日常的にSNSや買い物、ゲームなどに活用している方が少なくありません。


しかし、スマホの画面を長い時間見続けていると、目のレンズにあたる部分である水晶体のピントを調節する毛様体筋と呼ばれる目の筋肉に疲労がたまってしまいます。体の筋肉がずっと同じ姿勢を続けていると強張ってしまいますが、それと同じことが目の筋肉にも起こっているのです。これによって目のピント調節機能が低下してしまうため、老眼のように近いものが見えづらいという症状が起こるのです。


こうしたことが原因で若年層に起こる症状をスマホ老眼といいますが、なぜスマホの使用でこうした症状が起こりやすくなるのかというと目とスマホの距離感とスマホの画面サイズが大きく関係しています。パソコンの場合は、本体とキーボード、そして椅子によって目とモニターの距離を調節することが出来ますので、それほど近距離で操作するということはありませんが、スマホの場合は、手元で操作を行うため、目と画面が20?と離れていない距離となりやすいのです。


これに加えて、スマホの画面はパソコンに比べると小さいため、きちんと文章や内容を把握できるようなサイズに拡大した状態でも小さめな文字となりがちです。このようなことから考えると、スマホは近距離からパソコンよりも小さな文字を見続けることになるため、より目への負担が大きくなるといえます。


また手元で操作が出来るということは、使いたい時にすぐに使えてしまうということですので、ちょっとでも暇があればスマホを触ってしまうという習慣がついてしまいやすいといえます。特に20代・30代の方はスマホを日常的に活用していることが多いため、こうした習慣がつきやすく、スマホ老眼の急増に繋がっているといえるのです。




>>目に良いサプリおすすめランキングはこちら