目に良いサプリに含まれていることで有名なのが、ブルーベリーに含まれる「アントシアニン」という成分ですが、 最近では、アントシアニン以外にもルテイン・ゼアキサンチンなど、目に良い成分を総合的に含んだサプリメントが売れ筋です。

数ある目に良いサプリの中でも、実際に飲んでいる人から実感できたという口コミの多いおすすめのサプリを厳選して以下にご紹介していますので、 商品選びの参考にしてみてください。

↓目に良いサプリおすすめランキング


1位 めなり

実感力が違う!驚きのリピート率は93.9%

2016年モンドセレクション最高金賞受賞。今までにはなかった高スペックサプリです。

特許取得ビルベリー170mg、ルテイン12mg、ゼアキサンチン2.4mgなど全てにおいて業界トップクラスの配合。 夜間の視力の維持を助ける栄養素であるβカロテンも配合した栄養機能食品。

光ダメージから防いでくれる青い色素であるアントシアニンが、特許取得ビルベリーには通常のブルーベリーと比較して約5倍も多く含まれています。



 

 


2位 めばえ

船越英一郎さんでおなじみ「やわた」のサプリ。

機能性表示食品「めばえ」には、ブルーライトなどの刺激から目を守り、目の調子を整える機能がある機能性関与成分「ルテイン」が1日目安の1粒中に20mg配合されています。

ルテインは私たちの体にとって大事な働きをしてくれますが、体内で作ることができないため、積極的に補給してあげる必要があります。

ルテインの他、健康サポート成分として、リコピン・ビタミンE・イチョウ葉・アスタキサンチン・ゼアキサンチンなども配合。



 

 


3位 一望百景

国産素材のサプリ。

日本人には日本の健康素材を、という想いから、アントシアニンを豊富に含む「紅イモ」とルテインを豊富に含む「八重山かずら」を使用。いずれも沖縄産。

2016年4月より商品がリニューアルされ、ルテイン含有量が5mgから20mgへ大幅アップしています。

サプリメントは継続的に飲むことが大事ですが、一望百景は余計な経費カットによって1日あたり60円程度というコストパフォーマンスを実現させています。



 

 


アントシアニンとは?効能は?




アントシアニンとは、ブルーベリーや古代米、アヤムラサキというサツマイモに多く含まれている紫色の色素のことで、 ブルーベリーが目に良いといわれるのはこのアントシアニンは多く含まれているからといえます。 アントシアニンは、視力向上や眼精疲労の回復などに役立つとされていますが、なぜそれほど目に良いのか考えたことはあるでしょうか。

私たち人間の網膜には、ロドプシンというたんぱく質がたくさん含まれていますがこれに光が当たることで物を見ることができるとされています。 一度使われたロドプシンはそのまま排出されることなく人間の場合は30分ほどで再度ロドプシンに合成されて、再び利用されていくというのを網膜の中で繰り返しているのです。

しかし、目を長時間酷使して疲れすぎるとこのロドプシンの再合成が正常に働かなくなり、視野がかすんだり目がしょぼしょぼした状態になって見えにくくなってしまうことがあります。 アントシアニンは、このロドプシンの再合成を促進する働きがあるとされ、眼精疲労の改善や視力の向上に役立つというわけです。

また、水晶体が紫外線によるダメージを受けて参加することを守るため白内障の予防になったり、あらゆる原因によって視神経が酸化することで起こる緑内障を防ぐともされています。 アントシアニンの効能は目に限ったことだけではありません。 内臓や血管内に脂肪が蓄積されるのを防ぎ血糖値の上昇を抑制するため、高血圧や糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病の発生リスクを軽減する効果も期待できるのです。

加えて、強い抗酸化作用によるアンチエイジング効果や、肌の保湿や水分力を保つコラーゲンを安定させる作用もあるので、美肌効果も期待できるとされているのです。 その他にも、毛細血管の保護や抗炎症作用、肝機能の改善効果など体のあらゆる場所に対して効果があるとされています。

このように、アントシアニンには目の健康だけでなく病気の予防や美肌にも有効であるために積極的に摂取していきたい栄養素の一つであるといえるでしょう。

ビルベリーサプリについて




植物としてのビルベリーは、ブルーベリーの仲間でありながらも、極めて特殊な日照条件の中で育ちます。 白夜の環境で育つために、太陽光を浴びる時間が長くなり、抗酸化成分のアントシアニンの量は圧倒的に多くなります。 白夜の気候になる地域は、北半球では北欧諸国やカナダ北部などが代表的で、日本国内では同様な気象になることはありません。

そのために、ビルベリーサプリを正しく選ぶためには、産地が白夜の気候になっている事実を確かめることが重要です。 さらに、栽培管理の状況に加えて、実際に加工するメーカーの安全管理の状況も確かめる必要があります。

アントシアニンが非常に多い影響で、ビルベリーには活性酸素を取り除く作用があり、老化予防に効果的なことが知られています。 毎日の習慣として利用していれば、体が酸化することを防いで、新陳代謝の仕組みも活発に働くと考えられています。 アントシアニンの抗酸化作用は、強烈な紫外線を浴びて発生したシミや肌荒れを解消させて、美肌作りの手助けもしてくれます。

ビルベリーサプリが特に注目されているのは、目の老化も防いで、視力を回復させる効果があるとされるためです。 普通のブルーベリーにも同様な効果があると言われてきましたが、アントシアニンやミネラルの量が圧倒的に多いために、ビルベリーサプリを利用すれば相乗的な効果が働きます。 現在は適度な視力があっても、将来的には老化が心配な場合には、サプリを若いうちから利用することも適切です。 あるいは、老後に白内障が心配な場合でも、予防を兼ねて利用する機会も増えています。

最近ではパソコンやスマートフォンを利用する習慣が定着して、昔よりも目を酷使する人が増えていますが、ビルベリーのサプリを利用していれば問題を軽減できます。 さらに、不規則な食生活の問題によって、血流が鈍化している場合にも使えば効果的です。 ビルベリーの効果で血流を促進すれば、体全体の免疫機能が強化して、季節の変わり目に発症しやすい病気にも強くなります。

目に良いサプリについて




最近では若くても視力の低下を気にしている人が多くなっています。また、目に良いサプリというのもたくさん登場してきています。 ブルーベリーは目に良いと言われており、視力の低下で悩んでいる人から注目を集めています。 ブルーベリーにはアントシアニンという抗酸化物質が含まれており、物を見る時に重要な役割を果たすロドプシンの再合成をサポートしてくれるということです。

ブルーベリーは生のまま食べたり、ジャムなどの食品から摂取することもできますが、ブルーベリーのサプリなら簡単に摂取することができます。 ちなみに、アントシアニンはすぐに体外に排出されてしなうため、毎日サプリで継続的に摂取することが大切です。 ブルーベリーサプリといってもさまざまな種類がありますが、主に含まれている成分について知っておくと良いでしょう。

アントシアニンはブルーベリーに多く含まれている色素であり、強い抗酸化作用が大きな特徴です。 ポリフェノールの一種としても知られており、老化の原因である活性酸素を取り除く効果も期待できます。 アントシアニンが最も豊富に含まれているのはビルベリーというものなのですが、これもブルーベリーの一種となっています。

ルテインは緑黄色野菜に含まれるカロテノイドの一種なのですが、強い抗酸化作用があります。 しかし、ルテインは体内で作ることができないため、サプリや食べ物から摂取する必要があります。

ルテインには紫外線だけでなく、スマートフォンやパソコンなどから発生するブルーライトを吸収する効果もあるのですが、ブルーライトは視細胞に与えるダメージが大きいとされています。 ブルーライトや紫外線を浴びることで活性酸素の発生が多くなるため、ルテインによって活性酸素が取り除くことが大切なのです。

ブルーベリーのサプリには、アントシアニンやルテインなどの成分が含まれているため、継続的に摂取することで目の働きをサポートしてくれるでしょう。


↑目に良いサプリおすすめランキングへ戻る

老眼治療についてはコチラへどうぞ・・・ http://www.lasik-rougann.net/